トップページ  御見積 お問い合せ 会社案内

機械的構造及び取付

LB、LC、LF、LS100標準サイズのリニアエンコーダ  

標準サイズのリニアエンコーダは、その全長にわたってマシン表面に取付けられます。これで、高い耐振性が得られます。

シーリングリップの傾斜配置により、縦位置でも横位置でも同じ保護等級で汎用の取付が可能です。

熱特性
標準サイズのリニアエンコーダは、熱特性の点で効果的です。

LFの場合、金属スケールは、機械に直接取付けられたスチールキャリアに接着されます。

LBの場合、金属スケールテープは、機械に直接固定されるので、取付表面のあらゆる温度変化に関与します。

LCおよびLSは、取付表面の中心点に固定されます。弾性のある固定用部品は、熱特性を確実に再現可能にします。

取付
ハイデンハインのシールドタイプリニアエンコーダを取付ける時、輸送用安全具により、既にスケールユニットと走査ユニットの間のギャップは正しく設定されています。必要なのは、スケールユニットを数箇所でマシンガイド面に合せる事だけです。スケールを合せるのに、固定ピンまたは固定面を使用する事も出来ます。

LB382マルチセクションの取付
測定波長が3240mmを超えるLB382は、セクション毎にマシン表面に取付けられます。取付手順は次の通りです。
・ 個別のハウジングセクションを取付、整合する。
・ スチールテープを全長にわたって引き入れ、テンションをかける。
・ シールグリップを引き入れる。
・ 走査ユニットを挿入する。

スチールテープにかけるテンションの調節により、マシン直線誤差が±100μmまで補正できます。

[戻る][技術的特長][電気的接続][電気的仕様][次へ]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


日本海計測特機株式会社

富山本社 富山県富山市赤田 970 TEL 076-424-4201 FAX 076-423-7187
新潟支店 新潟県新潟市流通センター 1-3-1 TEL 025-260-3111 FAX 025-260-2710