トップページ  御見積 お問い合せ 会社案内

機械的構造及び取付

LS600標準サイズのリニアエンコーダ  
標準サイズのリニアエンコーダLS600は、マウンティングブロック付のエンコーダの端を使ってマシン表面に取付けられます。測定長が620mmを超えるものは、振動特性改善の為にサポートブラケットを必要とします。精度が比較的低い為、このサイズのエンコーダでは、再現可能な熱特性は要求されません。

LS623の取付
取付ける時、輸送安全具により、すでにスケールユニットと走査ユニットの間のギャップは正しく設定されています。
必要なのは、スケールユニットを数箇所でマシンガイド面に合せることです。

LS629の取付
研摩したガイド面を有する高品質のすスチールガイドとバックラッシュの無い再循環型ボールキャリッジによって、走査ユニットがスケールに沿って移動させられるのが特徴です。
走査ヘッドは、カップリングロッド(オプション)によって、マシン稼動エレメントと接続されます。これで、±5mmの大きい取付許容差が確保できます。これにより、エンコーダを、例えば、大荷重が掛かるプレスブレーキに使用する事が可能となります。

オプション

カップリングロッド
マウンティングブロック及び、締付けネジを含んでおり、LS629を例えば、プレスブレーキやベンディングマシンに連結する時に使用します。

[戻る][技術的特長][電気的接続][電気的仕様][次へ]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


日本海計測特機株式会社

富山本社 富山県富山市赤田 970 TEL 076-424-4201 FAX 076-423-7187
新潟支店 新潟県新潟市流通センター 1-3-1 TEL 025-260-3111 FAX 025-260-2710