トップページ  御見積 お問い合せ 会社案内

インターフェース

双方向インターフェースとして、アブソリュートエンコーダの為のEnDat(Encoder Data)インターフェースは、アブソリュート位置値を出力すると共に、エンコーダにストアーされたデータをリクエストまたは更新する事が出来ます。シリアルデータ伝送のおかげで、信号線は4本で足ります。伝送対象の種類(すなわち、位置値かパラメータか)は、後続電子部からエンコーダに伝送されたモードコマンドを通して選択されます。データは、後続電子部からのクロック信号と同期で伝送されます。

EnDatインタフェースの利点
・全てのアブソリュートロータリエンコーダにとって、唯一のインタフェースであり、これにより、後続電子部はEnDatとSSIを自動的に分別できる。
インクレメンタル信号を相補的に出力できる(高ダイナミック制御ループと共に使用する場合に有利)。
・後続電子部から要求されるデータが全部すでにエンコーダにストアーされているので、エンコーダのインストール中に自動立上げが可能。
配線コストが低減。標準用途には6本のラインで足りる。
・監視及び診断の目的のために、後続電子部で分析評価できるアラーム及びメッセージによって、高度のシステムセキュリティが確保され、補助ラインが不要。
・データワード長のエンコーダ分解能への適合によって、また、高いクロック周波数によって、伝送時間を最短にする事が出来ます。
・サイクル冗長波チェックによって、高い伝送信頼性が確保される。
・エンコーダの中のオフセット値を通して、基準点シフトができる。
・アブソリュート値とインクレメンタル信号が各エンコーダから別個に出力されるので、冗長システムを形成する事が可能。

[戻る][技術的特長][電気的接続][電気的仕様][次へ]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


日本海計測特機株式会社

富山本社 富山県富山市赤田 970 TEL 076-424-4201 FAX 076-423-7187
新潟支店 新潟県新潟市流通センター 1-3-1 TEL 025-260-3111 FAX 025-260-2710