トップページ  御見積 お問い合せ 会社案内

機械的構造及び取り付け

ERA 180、ERM、ERO

温度範囲
使用温度範囲は、高精度ロータリエンコーダの電気的仕様、機械的仕様の値が保証される温度範囲です(DIN32878)。保存温度範囲−30〜+80℃は、エンコーダをその梱包のまま保存する時の温度範囲です。RON905の場合は、高精度品である為、保存温度範囲−30〜+50℃です。この範囲を超えると、0.05”のオーダーで精度が変化する可能性があります。

防塵・防水保護
特別の指示が無ければ、RON、RCN、ROD各シリーズは、IEC60529、IEC144の保護等級IP67の規定を満足させています。これは、ハウジング及びケーブルの引出口に当てはまります。シャフトの引込口ではIP64となります。

エンコーダの部品は、飛沫の影響を受けることはありません。シャフトの引込口は保護等級IP64です。もし、IP64で不十分な場合(例えば、エンコーダを垂直に取付ける場合など)は、補助シールや保護カバーで飛沫が本体内部に侵入しないように保護して下さい。
高精度ロータリエンコーダRON、RCN、ROD各シリーズは、圧搾空気注入口を備えています。大気圧より少し高い圧搾空気を注入する事により、エンコーダ内部への飛沫の侵入を防ぎます。この目的の為、ハイデンハインでは、DA300圧搾空気ユニット(圧力調整器と取付け具を備えた複合フィルタユニット)を用意しています。エンコーダに導入された圧搾空気は、ISO8573-1に準じる以下の品質等級の要件を満たさなければなりません。
・ 固体汚染物質の最大粒度及び最大密度
等級4(最大粒度15μm、最大密度8mg/m3 )
・ 全含油量
等級4(含油量5mg/m3)
・ 最大圧力露点
(10×105Paにおいて+29℃)
等級分類なし

高精度ロータリエンコーダROD、RON、RPN、RCNへの接続のために以下のコンポーネントが必要です。

ROD/RON/EPN/RCN用M5接続ピース
ガスケット/スロットル(0.3mm径)付
適合流量1〜4g/min
Id.No.207835-01

M5カップリング継手、旋回式
ガスケット付
id.No.207834-01

接触防止
エンコーダ取付け後、全部の回転部分(RODではカップリング、RON/RPN/RCNでは止め金具)が、動作中に接触事故の無いように十分保護してください。

加速度
高精度ロータリエンコーダは、動作中ならびに取付け時に様々な種類の加速度にさらされます。
・ 全部のエンコーダRON、RPN、RCN、RODにおいて、許容角加速度は、10+e5rad/S*Sです。
・ 振動は、IEC60068-2-6における最も過酷な規定で行っています。
・ 衝撃は衝撃時間6ms、衝撃波形は半正弦波で行っています(IEC60068-2-27)。いかなる場合でも、エンコーダの調整または整合のために、ハンマーまたは類似の道具を使用しないで下さい。

カップリングの固有振動数fn
高精度ロータリエンコーダRODでは、ロータとカップリングが一体となって、振動力の大きいバネ質量システムを形成し、高精度ロータリエンコーダRON、RPN、RCNでは、ステ―タとステータカップリングがその役を果たしています。
固有振動数fnは、できるだけ高くしてください。高精度ロータリエンコーダRON、RPN、RCNにおける固有振動数fnは、それぞれの技術仕様に記載されています。
高精度ロータリエンコーダRODにおいてできるだけ高い固有周波数を確保する為には、ねじり剛性Cの大きいシャフトカップリングを使用する事が前提となります。

fn=1/(2・π)・√(C/I)

fn:固有振動数(Hz)
C:カップリングのねじり剛性(Nm/rad)
I:ロータの慣性モーメント(kgu)

エンコーダ使用中に半径方向加速または軸方向加速が生じた場合は、エンコーダ軸受け、エンコーダステ―タ及びカップリングの剛性の影響も増大する事になります。

<15

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15


日本海計測特機株式会社

富山本社 富山県富山市赤田 970 TEL 076-424-4201 FAX 076-423-7187
新潟支店 新潟県新潟市流通センター 1-3-1 TEL 025-260-3111 FAX 025-260-2710