画像解析ソフト

[画像クリックで製品情報]

オリンパス株式会社

 

 

             バーチャルスライドシステム  

                                        VS-100

              

 

広視野で高精細かつ忠実な色再現の画像表示、低倍から高倍まで必要に応じて取り込む対物レンズの倍率選択が可能。

任意の倍率で観察可能、・スムーズなスキャニング、15mm×15mm幅の試料を20倍対物レンズなら7分で画像取込、スライド搬送システムにより、多検体画像入力が自動で可能。

簡単GUIオペレーション。学生実習のデジタル化により全く同じ標本を全員が観察可能、バーチャルスライドによる試験も可能、研究室のカンファレンス・CPCにも活用できます。いつでもどこでも画像観察可能。

 

 

 

           価格 お問い合せください

 

 

              [御見積お申し込み]

[画像クリックで製品情報]

オリンパス株式会社

 

 

               画像解析ソフトウェア  

                                     Analysis Five

              [アナライジス・ファイブ]

 

デジタルカメラ用画像解析ソフトです。パソコンから高度で多彩な画像処理・計測・解析が可能。ハードウェアのパーフォーマンスを最大限に引き出すソフト機能がビジネスを強力にサポートします。

カメラ制御・顕微鏡コントロール機能/画像貼り合せ機能/拡張焦点機能/3D画像機能/計測機能/粒子解析機能/データーベース機能/レポート機能が装備。

 

 

 

 

           価格 お問い合せください

 

 

              [御見積お申し込み]

 

 

[画像クリックで詳細]

三谷商事株式会社

バイオイメージング解析システム

Lumina Vision
[ルミナ・ビジョン]

Lumina Visionは、蛍光画像から明視野における画像解析までをサポートしたバイオイメージング解析システムです。

蛍光画像解析としては、蛍光強度を時系列に測定するタイムプラス、複数枚のスライス画像から光学ボケを除去し3次元画像を作成する3次元構築があり、また、蛍光画像を入力するための機器制御が行えます。明視野画像解析としては、細胞の面積・周囲長などの計測、手動による長さ計測など定量的な解析が行えます。

Lumina Visionは、タイムプラスから3次元構築まで対応範囲がさらに広がりました。

対応機器

顕微鏡:ニコン、オリンパス電動顕微鏡、他
カメラ:日本ローバー、浜松ホトニクス、ピクセラ、他
外部機器:LUDL、中央精機、シグマ工機、駿河精機、他

動作環境

日本語 Windows 98/Me/2000/XP
CPU Pentium III 800MHz以上推奨
メインメモリ256M推奨
ハードディスク(空容量 40MB以上推奨)
表示 16bit HighColor、解像度1024X768以上推奨
DOS/V機

価格 お問い合せください

[詳細][御見積お申し込み]

[画像クリックで詳細]

三谷商事株式会社

Windows版  焦点画像合成ソフトウェア
Dynamic Eye
[ダイナミック・アイ]

顕微鏡では被写界深度が浅く、観察が難しかった試料も焦点画像合成ソフトで正確に観察できます。凹凸や段差ある試料を観察せねばならないときに、簡単操作で高速な画像処理で高品質かつ∞深度での観察を実現します。

動作環境

日本語 Windows/2000/XP
CPU Pentium 1GHz以上
メインメモリ256MB以上
ハードディスク(空容量 10GB以上)
解像度1024X768以上
DOS/V機

価格 お問い合せください

[御見積お申し込み]

 

[画像クリックで詳細]

三谷商事株式会社

Windows版  リアルタイム3D表示・形状観察簡易断面計測ソフトウェア
3D Viewer
[スリーディー・ビューア]

撮影と同時にそれぞれの撮影位置を高さ情報にて登録し、フォーカス合成後の高さ情報を含めた全焦点画面から3D Viewerにて三次元表示が

可能です。

 

動作環境

日本語 Windows/2000/XP
CPU Pentium 1GHz以上
メインメモリ256MB以上
ハードディスク(空容量 10GB以上)
解像度1024X768以上
DOS/V機

価格 お問い合せください

[御見積お申し込み]

[画像クリックで詳細]

三谷商事株式会社

Windows版 画像解析・計測ソフトウェア
Win ROOF
[ウィン・ルーフ]

WinROOFの標準機能として、フォーカス合成・画像連結・円形パターンマッチング・マルチカラー合成が新しく追加され、パフォーマンスがさらに向上しました。

また、計測データのExcel転送、定型処理をボタンに登録し簡単に実行できる自動実行ツールバーとキャリブレーション情報を統合して管理する機能、包路面積などの形状特徴値が追加され基本性能も充実しました。

動作環境

日本語 Windows/95/ 98/Me/NT4.0/2000/XP
CPU Pentium以上推奨
メインメモリ128M推奨
ハードディスク(空容量 20MB以上推奨)
表示 16bit HighColor、解像度1024X768以上推奨
DOS/V機

価格 お問い合せください

[詳細][御見積お申し込み]

日本モレキュラーデバイス株式会社

MetaMorph

MetaMorphは生物学を研究されているユーザー用に特別に開発設計されたWindows版画像ソフトウェアです。

標準でリアルタイムプロセッシングをはじめ2Dデコンボリューション処理などの画像演算処理、3次元立体再構築、タイムラプスデータ取得、時系列データを用いた輝度解析、動画作成(AVI/QuickTime)、モノクロ高感度カメラデータを使用したカラー画像(Flash画像)作成、モンタージュ作成、タイムスタンプをはじめとするプレゼンテーション機能、IMA形態解析機能、レシオ画像表示、ラインスキャン測定、ソフトウェアの機能を複数組み合わせて連続的に動作させるジャーナル機能、作成されたジャーナルを任意に組み込むことが可能なタスクバーなどを内蔵した大変パワフルで使い勝手の優れたソフトウェアです。

またオプションで用意されている機能拡張を追加することでありとあらゆるアプリケーションに対応が可能です。

価格 お問い合せください

[御見積お申し込み]

株式会社 日本ローパー

RS Image Pro
イメージング ソフトウェア

イメージングそしてソリューションまで

RS Image Proは、Poper Scientific社製、デジタルCCDカメラや各メーカーの電動顕微鏡、周辺アクセサリーを簡単なツールでコントロールし、科学、生物学、産業分野で必要な測定や解析に役立つソフトウェアです。

価格 お問い合せください

[御見積お申し込み]

株式会社 日本ローパー

AutoDeblur
高性能デコンボリューション処理ソフトウェア

AutoDeblurは、Z軸スキャンさせて得られた3次元画像や一般的な2次元画像における焦点ズレによるかすみや、ボケ、ノイズおよび、その他の問題をソフトウェア的に取り除くことで超高解像度の結果をもたらすことのできるデコンボリューションソフトウェアです。処理可能な画像は、蛍光画像・透過光画像・明視野カラー画像・および共焦点画像(2光子やスピニングディスクタイプの画像を含む)です。

また、最新のVersion9からは1スクリーンダイアログによる3Dデコンボリューションが可能となり1つのウィンドウですべてのパラメータ設定が行えるようになったばかりか、多項目式による輝度補正機能も備わりデコンボリューション処理後のスライス間の輝度差によるフリッカー現象を抑えることもでき大変便利になりました。加えて既知のPSFを使用したデコンボリューション処理もオプションで行えこの場合は処理時間がおよそ4倍になります。

価格 お問い合せください

[御見積お申し込み]

座標計算ソフト/システム CCS 2000 Series

CCS2000 FileBase

CCS2000 VideoPro

測定顕微鏡・投影機がグレードアップして生まれかわる!

自動座標計算からExcel検査表作成までを高速処理するパソコン版測定支援システム

価格 お問い合わせください

詳細は[製品情報]

[御見積お申し込み]

 

[光学機器一覧に戻る]

 

[トップページに戻る]

 

 

日本海計測特機株式会社

富山本社 富山県富山市赤田 970 TEL 076-424-4201 FAX 076-423-7187
新潟支店 新潟県新潟市流通センター 1-3-1 TEL 025-260-3111 FAX 025-260-2710