製品・事例紹介

球状化判定、ブリネル硬さ測定、結晶粒度測定を効率化ソフトウェア

顕微鏡や硬さ試験機で取得した画像に対し、JIS規格に基づいた検査を効率的に行うソフトウェア「INOTECHQUEST」をご紹介いたします。

1.INOTECHQUEST 概要+特徴

INOTECHQUESTの主な用途

・鋳物やアルミの球状化判定、ブリネル硬さ測定
・熱処理現場における結晶粒度測定

INOTECHQUESTの特徴 -インプット・アウトプットの効率化、測定データの高い信頼性-

検査情報のインプット→アウトプットの更なる簡素・簡便化し、作業時間の短縮に繋がります。
また測定設定を作業者が変更できないようにすることで、「都合の良い」データではなく、正しいデータを取得できます。

INOTECHQUESTの特徴 -測定場所を選ばず、より自由な業務体制を目指します-

サーバーモード利用でリモートアクセス
お手持ちのスマートフォンやタブレットからも利用可能です。

①デスクトップモード(従来方法)
 インストールしたPCのみで使用

②サーバーモード
 ネットワークへ各端末よりアクセスして運用
 事務所・現場での複数個所での運用に最適

INOTECHQUESTの特徴 -品質検査業務のDXを促進-

日頃の検査業務における検査⇨測定⇨レポート出力までを効率化し、品質検査におけるDX化を促進します。

2.機能紹介 【球状化判定モジュール/オプション】

クラス分類 補助AI搭載による人のバラつきを軽減

クラス分類分けをAIがサポート。ディープラーニング機能搭載で、その精度が更にアップします。

〈対応規格〉
JIS G5502:1989(NIK)
JIS G5502:2001
JIS G5503:1995
JIS G5504:2005
JIS G5505:2020

2.機能紹介 【ブリネル硬度判定モジュール】

圧痕径を自動認識し、ブリネル硬度値と圧痕深さを算出

現場で使用されるグラインダー研磨でも圧痕が認識できるよう、アルゴリズムを新規開発
人による測定結果のばらつきを防ぎ、より信頼性のデータを得ることができます。

〈対応規格〉
JIS Z2243

※ほとんどの画像で自動認識可能ですが、取得できない場合は手動取得も可能です。

圧痕画像を取得するための光学機器のご提案も可能です。

専用光学ユニット
ペットボトル大サイズにカメラ・レンズ・LED照明を内蔵

顕微鏡
超低倍レンズを取付け
※サンプルは顕微鏡に載せられるものとなります。

読取顕微鏡
同軸照明の読取顕微鏡にカメラを取付け

※光学機器に関してもお気軽にお問い合わせください。

2.機能紹介 【結晶粒度測定モジュール】

切断法計測により、粒度番号・平均サイズを算出

粒界検出アシスト機能採用により、高速且つ正確な検査が可能です。
伸銅品結晶粒度検査JIS H0501 DAS測定にも対応しております。

〈対応規格〉
JIS G0551
JIS H0501
DAS(デンドライトアームスペーシング)

INOTECHQUEST 導入のご相談、お見積依頼は下記よりお問い合わせください。

関連記事

測定機器 試験機に関するご相談

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜17:30)
新潟支店 電話のアイコン 025-260-3111