製品・事例紹介

超音波厚さ計『72DL PLUS』|数十μmの厚みを高速精密測定

超音波厚さ計 ミクロン μ

従来の超音波厚さ計の課題

従来の超音波厚さ計で使用している探触子の周波数は0.50~20MHzの範囲であり、20MHzの探触子の場合、約0.150~0.200mm(0.006~0.008インチ)の厚さ測定が測定範囲の下限でした。

超音波厚さ計

また超音波を用いて0.150mm(0.006インチ)より薄いプラスチック材料や金属材料の厚さ測定を行うには、高周波パルサレシーバー・30MHz~125MHzの探触子・オシロスコープが必要でした。装置はセットアップが難しい場合があり、デジタルオシロスコープを使用しエコー間の時間を手動で測定、厚さを手動で測定する必要がありました。

『72DL PLUS』主な特徴|①125MHzの高周波超音波により、数十ミクロンの厚さも高精度に測定

超音波厚さ計は、超音波の周波数が高いほど、より薄い対象物を高精度に測定することができます。本製品では最大125MHzの高周波超音波に対応しており、従来測ることのできなかった数十ミクロンの厚さを測定することが可能になりました。例えばプラスチックの対象物では,12.7μm程度の薄さから測定することができます(※測定範囲は、対象物の形状、材質等の条件により異なります)。

超音波厚さ計 ミクロン μ 樹脂

72DL PLUS厚さ計および125MHz探触子で薄肉の樹脂フィルムを測定すると0.0005inch≒12.7μmの厚さを計測できました。

同様に薄い鋼鉄フィルムを測定すると0.0015inch≒40μmの測定ができました。

『72DL PLUS』主な特徴|②最大6層までの多層コーティング素材も測定可能

多層コーティング素材は自動車部品や航空機部品など幅広い分野で活躍しています。本製品はソフトウェアのアルゴリズムを改善し、測定における計算の処理能力を向上。これにより従来製品では測定が難しかった最大6層までの各層の厚さ+選んだ複数の層の合計をリアルタイム測定できます。金属や樹脂が母材の多層コーティングや塗装の厚さ管理に適用可能です。また各層ごとの厚さを視覚的に確認するためにA/Bスキャン同時表示機能もございます。

超音波厚さ計 精密
A-Scan_3層+各層ごとの総厚測定イメージ
超音波厚さ計 精密
A/B-Scan同時表示

『72DL PLUS』主な使用用途

自動車
自動車など乗り物の塗装厚さ計

  • 自動車塗装厚さの正確な測定
  • 最大6つの塗装層を測定可能
  • 同時にすべての塗装層測定値を表示
超音波厚さ計 自動車
超音波厚さ計 自動車

航空宇宙
タービンブレード製造用高速測定

  • タービンブレードの検査と修理


航空機の窓の検査
航空機の塗装とコーティング

  • 複合材料製航空機の単一層または多層のコーティング材厚さ
  • 複合材料製の航空機レドームのコーティング測定
  • アルミニウム複合材料製パネルの測定
超音波厚さ計 航空機
超音波厚さ計 航空機
超音波厚さ計 航空機
超音波厚さ計 航空機

製造業
薄膜・小径チューブの測定

  • プラスチックおよび金属チューブ
  • 医療用チューブ

製造用のコーティング厚さ計

  • 単一層または多層のコーティング材厚さ測定
  • 防水加工および反射防止コーティング
  • ドライフィルム厚さ
  • 厚膜および薄膜の厚さ測定

製造用のプラスチック厚さ計

  • ボトル、トレイ、タンクの多層プラスチック厚さ測定
  • 多層のプラスチック食品容器

製造用の材料厚さ計

  • 多層材料測定
  • シリコンウエハーの厚さ
  • 金属シートおよびプレートの厚さ
  • 金箔の厚さ
  • 粘着テープの厚さ
  • ポリプロピレンパッケージの厚さ
超音波厚さ計 金属
超音波厚さ計 金属

『72DL PLUS』関連資料

超音波厚さ計『72DL PLUS』に関するご相談・お見積依頼は下記よりお問い合わせください。

関連記事

測定機器 試験機に関するご相談

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜17:30)
新潟支店 電話のアイコン 025-260-3111