製品・事例紹介

アナログビジュアルレコーダー『VR-24』|信号と映像を1台で記録

データレコーダー 映像

『VR-24』事例紹介

自動車計測|走行時の車内騒音、異音・振動解析

自動車製造における品質保証部門や販売会社のサービス部門において、走行時の騒音計測、異音や異常振動解析に使用できます。騒音、振動データ、CANからの自動車制御・状態信号、GPSによる位置信号、エンジン回転や車速のパルス信号を記録し、異音、異常振動の発生する条件を、解析します。

鉄道計測|動揺・騒音計測、線路状況解析

車両の動揺計測時に、動揺データに加え、線路状況を撮影、キロ程パルス入力、GPSの位置情報を合わせて記録できます。レベルトリガーを使用して閾値を超えた前後のみの記録も可能です。異常値の発生ポイントの状況を、映像、キロ程、GPSでも確認できます。

環境騒音

道路、鉄道、空港などの騒音計測時に、騒音データに加え、騒音の発生状況を映像でも記録することで、より詳細に状況の把握ができます。レベルレコーダーでは残らない、騒音源の状況を音、映像の両方で確認可能です。

設備診断

振動や回転数などのデータと同時に、動作状況の映像を記録することで設備の状態をより正確に監視・診断することができます。データと映像を同期記録させることによって、生産性の維持や不具合原因の追求、故障の予防、劣化の予測、点検間隔の最適化、寿命の推定など、さまざまな方面で活用できます。

その他使用場面

  • 波形を監視し、異常値を検出したら記録開始、映像と同期したデータ収録を行い、原因特定
  • 発火、発煙、結露、色の変化など、波形データに表れない見た目の変化を記録
  • 人が入れない箇所の映像を波形とともに記録

『VR-24』製品特徴

スタンドアローン、オールインワンで同期記録実現

自動車関連のNVHテストにおいて必要なアナログ信号に加え、映像信号、CAN、GPS、パルス信号を同期して記録する事が可能です。

優れたポータブル性

フィールドユースのための持ち運びを考慮したサイズと重量。オプションで専用のキャリングケースも用意しております。

直感的な操作

タッチパネルコントロールに対応した分かりやすくユーザーインターフェースで直感的な操作を実現。記録された映像、アナログ信号は画面上で再生し確認できます。

センサーとの接続が簡単

『VR-24』はセンサーへの定電流供給ができます。よって定電流供給型の加速度センサーやマイクロフォンを直接接続することができます。別途シグナルコンディショナー等アンプを必要としません。

高周波数帯域に対応

様々なNVH計測に対応するため、可聴音域を超える40kHz帯域の記録に対応しました。低い周波数の振動から高い周波数の騒音まで2chの映像信号とともに、このデータロガー1台で記録できます。EV/HEVやダウンサイジングによるターボチャージャーなどの高帯域信号記録も可能です。

データビューワー|VR-View

『VR-24』で記録されたデータのビューワーとしてVR Viewを標準ソフトウェアとして用意しております。CFast、SDHC※カードに記録された映像信号・アナログ信号・CAN・GPS・パルスデータを1画面上にすべて表示、再生することができます。
※SDHCカード使用時は映像信号の記録はできません。

『VR-24』関連資料

アナログビジュアルレコーダー『VR-24』や使用するセンサに関するご相談、お見積依頼は下記より問い合わせください。

関連記事

測定機器 試験機に関するご相談

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜17:30)
新潟支店 電話のアイコン 025-260-3111